次世代クラウド型CTI CT-e1/SaaS(シーティーイーワン サーズ)

COMPUTER TELEPHONY INTEGRATION 次世代クラウド型CTI

コールセンター/テレワーク/BCP対策


CT-e1/SaaSは、場所にとらわれずに、必要な時に必要な分だけ利⽤できる クラウド型CTIソリューションです。
通常のオフィス利⽤はもちろんのこと、コールセンターに必要な基本機能を 標準搭載。お客様の⽬的と設備に合わせたご提案が可能です。

01.CTIとは

CTIとは、Computer Telephony Integrationの略で、電話やFAXがコンピュータと結びついたシステムのことで、主にコールセンターに 導⼊されています。
具体的には、電話がかかってきた際に、顧客情報管理システム(CRM)から顧客情報を呼び出し、誰から電話がかかってきたかポップ アップで表⽰されたり、通話録⾳やオペレーターの対応量に偏りがないように着信を分配する、といったことを⾏ないます。  また、リアルタイムでの着信数や電話対応待ち⼈数等の情報をグラフや数字で視覚的に表⽰させることもできます。

CTI
基本機能例
  • 着信分配(ACD)
  • 通話録⾳
  • ポップアップ表⽰
  • リアルタイム状況表⽰
  • レポート出⼒
  • モニタリング

02.CTIで実現できること

それでは、CTIによってどのようなことが実現できるのでしょうか。
CTIを導⼊することで、様々な情報が蓄積され、可視化できます。顧客対応履歴はもちろんのこと、個々のオペレーターの平均対応時間や着信数の推移、着信後の平均待ち時間なども簡単に把握できます。
こうした情報を活⽤して、下記のようなことが実現できます。
その他にも、情報の活⽤の仕⽅しだいで、コールセンター業務をより戦略的なものに変えることが可能となります。

改善点発掘

改善点発掘

コールセンター業務効率化のための改善点発掘

課題発掘

課題発掘

顧客満⾜度向上のための課題発掘

コーチング(指導)

コーチング(指導)

客観的な情報に基づいたオペレーターのコーチング(指導)

FEATURECT-e1/SaaSの特⻑

CT-e1/SaaSの特⻑


CT-e1/SaaSは、クラウド型のCTIソリューションです。現在ではクラウド型のCTIも珍しくなくなりましたが、その中でもCT-e1/SaaSには以下のような3つの特⻑があります。

2LEGによる⾃由な構成

①2LEGによる⾃由な構成

例えば既存のPBX内線電話機や携帯電話機や家の単独電話、などをオペレータの受話器として簡単に設定できますので、今後のテレワーク等も含めたお客様のご要望に柔軟に対応可能です。

良好なコストパフォーマンス

②良好なコストパフォーマンス

コールセンターに必要な豊富な機能を安価にご提供いたします。

柔軟なカスタマイズ性

③柔軟なカスタマイズ性

クラウドでも柔軟にカスタマイズ可能︕
しかもカスタマイズ費⽤︓基本0円︕

※①補⾜
まずお客様が電話をかけるとクラウドCT-e1が着信し、ご案内トーキを流すと同時に、別ルートでクラウドCT-e1からオペレータが設定した 電話番号に発信し、オペレータが応答したら2つの呼をつなぎます。このように別々の電話回線ルートで接続するため、オペレータの電話設 備・環境を問わず直接着信する電話番号があれば何処でもご利⽤いただけます。

FORTE 都築電気の強み

都築電気は、80年以上にわたり蓄積したネットワークと⾳声(電話)構築ノウハウ・実績があります。
また、コールセンター構築・運⽤・サポート実績100社以上の導⼊実績と経験、技術もあります。

都築電気の強み


今まで培ってきた豊富な知識と技術により、お客様の環境やご要望に合わせて、既設PBXとクラウド型CTIを組合わせたハイブリッド型構成やIP電話利⽤構成、スマートフォン利⽤構成など様々な構成や、段階的な導⼊など柔軟にご提案いたします。

グループウェア

80年以上にわたるネットワーク・⾳声構築ノウハウと実績

100社以上のコールセンター導⼊実績

01.ご提案構成例

既存PBX+クラウド型CTI

既存のビジネスフォンをそのまま使⽤しながら、CTI機能を加えるハイブリッド型の構成。⼀般のオフィス電話でありながら、コールセンター部⾨を⽴ち上げることができます。また、通話は電話回線を使⽤するため⾳声品質が保てます。本格的なコールセンターを始めるまでのスモールスタートに最適です。

IP電話利⽤

⼀般的なクラウド型CTIで利⽤されている構成で、PBXを導⼊せずにコールセンター業務を始めることができます。PCと⼀体化したソフトフォンをご利⽤いただくことも可能です。

CASE STUDY 導⼊事例

ここでは、CT-e1の導入事例をご紹介いたします。

導⼊事例

東京海上日動あんしんコンサルティング株式会社 様 『CT-e1/SaaS』だから実現できた「クラウドCTI」と「既存ビジネスフォン」の融合​ クラウドCTIへの移行の際に発生する「既存電話設備が使えない」問題。CT-e1の導入により、既存の電話設備はそのままに、次世代のクラウド型コンタクトセンターを都築電気が構築した事例をご紹介いたします。
初期導入コストの抑制だけでなく、従来の社内内線との共存・通話品質の安定性・BCP対策も実現!​

導⼊事例 
詳細はこちら

※コムデザイン社の公式サイトにリンクします。​