ホーム / ソリューション / 公共・文教分野 / 調整交付金集計システム「コクホ・ライン/調交システム」
調整交付金集計システム「コクホ・ライン/調交システム」
 
「コクホ・ライン/調交システム」とは
 

国民健康保険事業実績報告書作成及び調整交付金交付申請書作成を目的とした、保険者様及び都道府県庁様向けのシステムです。

毎年の複雑な制度改正や市町村合併にも対応しており、見やすい・使いやすいシステムとして、多くの保険者様にご愛顧いただいております。
 
機能と特徴
 
機能一覧図 任意項目CSV出力機能(月報・年報・年報期間集計)
従来からのCSV出力機能を拡張し、任意で出力する項目を選択しデータ出力することが可能です。
ご担当者様が活用したいデータをExcel等で自由に加工できます。
「地単事業名称」のマスタ化
従来は帳票ごとに毎年入力となっているが、マスタ化することで入力の手間を軽減します。
入力画面上での仕様プレビュー表示
各表の入力画面に仕様表示ボタンを追加。
(別途マニュアルを見る手間を軽減します)
システム操作ログの管理
ログ情報を保持することが可能です。(入力・印刷・FD出力処理)
C/S対応(オプション)
複数台でのシステム運用が可能になります。
(※クライアントライセンスが別途必要です)
   
事業月報メニューサンプル画像 事業月報A表画面サンプル画像
◆事業月報メニュー ◆事業月報A表画面
 
 
コクホ・ライン ファミリーソフト
 
業務支援システム<ヒアリング支援機能><予算積算支援機能>
事業月報データを元にヒアリング補助帳票の作成及び予算編成補助資料の作成が可能です。
コクホラインのサブシステムとして、さまざまな帳票出力が可能です。
医療費分析システム
事業月報データを元に医療費の統計・推移がわかる帳票を自動集計、作成することが可能です。
Excelとの連携を可能としており、線グラフ表など庁内(議会)用の参考資料として、お使いいただけます。
地方単独事業システム
月次処理として、事業名ごとの費用額等を入力することにより「変更申請」及び「実績報告」に直接集計したデータを転記することが可能です。
高額療養費システム
国保連合会から提供される高額対象算定データを取り込むことで、毎月の「申請受付」「支給決定通知」「支給処理」及び各種帳票作成が可能となっております。
高額医療・高額介護合算業務支援システム
計算委託先の国保連合会より送付された 支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書情報【3721】 』『 補正済自己負担額情報【37L1、37P1】 』『 レセプト参考情報【38S1】高額介護合算支給額計算情報 をシステム内で読み込み、各種情報修正・再計算帳票出力等を行うことが可能です。
システムの詳細はこちらから
 
保険者レセプト情報・統計ソリューション
 
退職被保険者等の振替処理の適正化及び事務合理化を図るため、国民健康保険の被保険者データとレセプトデータを突合させ、退職振替処理を支援するシステムです。
システムの詳細はこちらから
 
 
開発元
 
都築電気株式会社
 
 

お問合せはこちらから



※ Intel、Pentiumは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の商標
または登録商標です。
※Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。