製品・ソリューションサイト

TCloudロゴTCloud for Office 365

Skype for business デプロイサービス
Skype for Businessを利用した『音声最適化ソリューション』

都築電気が80年以上に亘り蓄積したネットワークと音声(電話)構築ノウハウと実績を活かし、PBX(交換機)とSkype for Businessを連携させた”ユニファイドコミュニケーション”を提供致します。

音声を最適化する"4つのメリット"

都築電気はPBX(電話交換機)とSkype for Business(電話)のハイブリッド型構成で音声(VoIP)を最適化し、快適なコミュニケーションを実現します。

メリット1|スマートフォンの通話料金を削減

Skype for Business Mobileがインストールされたスマートフォンから社外に電話発信する場合に、社内の電話回線から発信する事ができます。社内の電話回線を利用して発信する事が出来るため、固定電話の安価な通話料金で通話する事が可能です。
社内の電話回線を利用して発信するため、相手に通知する電話番号も、普段ご利用されている番号を通知する事が可能です。

メリット2|社内・社外の何処にいても内線電話として利用が可能

Skype for Business Mobileのインストールされたスマートフォンであれば、社内・社外何処にいても内線電話として利用が可能です。
何時でも、何処でもビジネスチャンスを逃さず、掴むことが可能です。

メリット3|既存の電話交換機と接続して社内の誰にでも内線番号で発着信が可能

既存の電話交換機と接続して、電話運用が可能です。
そのため、移行時もスムーズな移行が可能になり、ワークスタイルに合わせた電話の運用が可能です。
※電話交換機特有の機能である放送設備との接続や内線PHSシステムなど既存のPBX環境で利用している機能を活かしながらSkype for Businessを導入することが可能です。

メリット4|災害時でも発信規制されないIPネットワークを利用する事で繋がりやすく、BCP対策にも寄与

災害時や非常時に電話回線に規制がかかり利用できない場合でも、規制されにくいパケット通信を利用したVoIP通話が可能なSkype for Businessであれば、連絡が可能です。
さらに、電気が止まった場合、スマートフォンを利用して、連絡を取る事が可能です。

お問い合わせ・資料請求はこちら