都築電気株式会社

課題解決Portal

課題4
障害リスクを低減する

昨今の企業経営ではリスク管理対策が求められており、社内のITシステムについては「安定した稼動」が課題になっています。
その対策が「システム監視と運用管理」となりますが、監視ツールの導入や運用に多くの費用が掛かる割りに有効に機能せず、トラブルが発生してから大騒ぎで対応する、リスクの高い運用形態がしばしば見受けられます。
お客様既設置の監視システムの有効活用や「予知保全」を重視した運用管理等、廉価で効果的な運用管理サービスを提案いたします。

復旧時間の短縮により業務影響を低減する

障害検知時の対処方法を運用フローにまとめ役割分担と手続きを明確にします。運用フローに基き24時間365日の専門スッタフが「システム監視サービス」「運用代行サービス」を実施しますので、障害の早期発見、手順に漏れのない復旧対応が可能になり、障害復旧時間の短縮が図れます。

予知保全により障害を未然に防ぐ

システム監視の多くは障害発生の有無を監視するもので、基本的には事後の対応です。それに対し、障害の発生前に対処できればより業務影響を低減することができます。
リソース監視(CPU負荷、メモリ占有率、ディスク使用量など)やシステムログ解析により、パフォーマンスの低下やハード障害の予兆を検知し、システム異常を未然に防止します。

監視システムの導入・運用費用を低減する

システム全体の稼働状況をリアルタイムに把握し、適切な運用を行うためには、システム監視ツールが必須です。監視ツールサービスの利用や、お客様既設置のプロダクトまたはハードウェアにバンドルされた監視ツール等の活用により廉価に利用できるシステムを提案します。

解決に導くおすすめソリューションはこちら

KitFit運用サービス 監視サービス

サーバのリソース不足によるパフォーマンスの低下やハード障害の予兆を検知し、システム障害を未然に防ぎます。
また、24時間365日体制で稼働監視を行うため、異常検知時の通報や障害箇所の切り分けを迅速に行い早期復旧のご支援します。

  • KitFit運用サービス