都築電気株式会社
製品・ソリューションサイト

ストレスチェックシステム

 労働者に対して行う職業性ストレスチェック(新・旧)に対応した、オリジナルの問診も取れる汎用性の高いシステムです。

ストレスチェックシステム

 労働安全衛生法の一部改正を受け、2015年12月にストレスチェック制度が施行されました。これに伴い、労働者が50人以上いる事業所では、毎年1回、ストレスチェックをすべての労働者に対して実施することが義務化されました。
 当ストレスチェックシステムは、ストレスチェック法制化および職業性ストレスチェックへ対応しております。

ストレスチェックシステムの特徴

特長1

ストレスチェック法制化・職業性ストレスチェックに対応

特長2

オリジナルの問診を取ることが可能

特長3

健康管理支援システムと連携可能

特長4

相談機能との組み合わせが可能

ストレスチェック制度の流れにおける ストレスチェックシステムの機能範囲

 厚生労働省より公表されている『労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル』の流れに沿った、本システムの対応機能範囲は以下の図のとおりです。
 黄色で示されている部分が労働者側で使用できる機能範囲、橙色で示されている部分が実施者側で使用できる機能範囲です。

(実)・・・実施者、(労)・・・労働者

ストレスチェック制度の流れにおける ストレスチェックシステムの機能範囲図

※厚生労働省 労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル P.9参考

ストレスチェックシステム 実施の流れ

①厚生労働省によって規定された「職業性ストレス簡易調査」の実施とその調査結果の管理を、ブラウザ上で行っていただけます。

従業員がパソコンから問診回答をしている図

社員・職員は、職場のパソコンから問診回答。

②定期的に実施したアンケート結果より、職場別の統計情報の確認が可能です。

産業医や保健スタッフが統計情報を確認している図

個人結果や所属のストレス度の傾向を確認

③相談機能と組み合わせて、面談の効率化が図れます。

職員がWebを介して保健スタッフに相談している図

社員・職員がWebを活用して、保険スタッフに
直接相談可能

お問い合わせ・資料請求はこちら