都築電気株式会社
製品・ソリューションサイト

総務部門・法務部門の方に必須

文書管理・契約管理ソリューション

変わる!“e-文書法”規制緩和に伴い契約書の電子保管が本格化!e-文書法改正に対応するためのチェックポイント

e-文書法とは

e-文書法とは、2005年4月より施行となった、紙文書の電子保存(イメージファイル化)を容認する法律です。
この法律の施行により、取引先から受け取る注文書、請求書等を電子保存(スキャナ等を利用したイメージファイル化)する事が可能となり、紙の物理的な保管スペースが不要になるだけで、企業にとってはコスト削減という効果が期待されています。

さらに、平成27年度 税制改正大綱(2014年12月30日発表)により「国税関係書類の保存に係るコスト削減等を図る観点からスキャナ保存制度の要件を緩和」が明記されました。

e-文書法の改正(国税関係書類に係るスキャナ保存制度の改正)により、
2015年9月より『重要書類の7年間保管義務を緩和、電子保管を認める』

2015年10月以降システム化要件を満たした上で国税庁に申請を行い認可されれば領収書や契約書等、国税調査に関わる各種証憑類の電子化が可能
「但し、国税調査以外で必要となる書類は原本の保管が必要な場合あり」

お問い合わせ・資料請求はこちら