都築電気株式会社
製品・ソリューションサイト
セミナーレポート
コスト削減 人事総務部門 経営企画部門 知財・特許 文書・契約管理

契約管理/稟議申請の電子化及び
知財等へのタイムスタンプ活用
最新事例セミナー(東京) レポート

開催日時
2017年2月24日(金) 14:00-17:00
開催場所
FUJITSU Digital Transformation Center (東京)
セミナー名
契約管理/稟議申請の電子化及び知財等へのタイムスタンプ活用最新事例セミナー

 2017年2月24日、都築電気株式会社主催の契約管理/稟議申請の電子化及び知財等へのタイムスタンプ活用最新事例セミナーにて、富士通株式会社およびタイムビジネス協議会様に、ご講演いただきました。
 セミナー概要レポートは、下記のとおりです。

 2017年2月24日 FUJITSU Digital Transformation Center(東京)において、契約管理/稟議申請の電子化及び知財等へのタイムスタンプ活用最新事例セミナーが開催されました。
肌寒い中、多くのお客様にご来場いただきました。
 第一部では、富士通株式会社 宮田様より、契約管理における世の中の動きや、e文書法対応のポイントをご説明いただきました。また、契約管理にありがちなリスクを漏れなくチェックできる契約管理システム『Contract Eyes』について、お客様事例やデモを交えながら具体的にご紹介いただきました。
 続く第二部では、当社の筒井より、導入実績480社のワークフローシステム『IntrameriT』について、デモを交えてご紹介いたしました。富士通様の契約管理システム『Contract Eyes』やセイコーソリューションズ様の長期署名クラウドサービス『evi Daemon』と連携することで、e文書法に対応した稟議申請業務をペーパーレスで実現するシステムでした。
 その後の第三部には、タイムビジネス協議会 企画運営部会長 柴田様より、e文書法の改正概要とタイムスタンプの最新動向について、ご講演いただきました。電子認証、タイムスタンプ、電子署名の違いや、なぜタイムスタンプが必要なのかについても、詳細にわかりやすくお話しいただきました。
 セミナー最後の第四部では、当社 知財/契約管理担当者より、都築電気としてご提案可能な文書・契約管理ソリューションや知財・特許ソリューションについて、簡単にご案内させていただきました。
 セミナー終了後にも、熱心に質問されるお客様の姿が見られました。

 2005年に、すでにスタートしているe文書法。システムをうまく利用することで、従来の紙ベースでの保管よりも、安全に簡単に管理ができるようになります。また、ペーパーレス化により、結果的にコスト削減・業務効率化にも繋がります。
 都築電気は、協業企業様と共に、『文書・契約管理』・『知財・特許』に関する様々なお悩みを解決するソリューションをご提案させていただきます。

タイムビジネス協議会 柴田様 講演の様子


関連製品・ソリューション

文書管理・契約管理ソリューション

稟議申請業務システム IntrameriT

タイムビジネス協議会講演資料

都築電気_講演資料

富士通講演資料

お客様の声

 セミナーに参加されたお客様の声をご紹介いたします。
 アンケートでは、具体的なお悩み事項のご相談や、契約管理システムやタイムスタンプについての引き続きの情報提供を希望されるお声を多数いただきました。
その他、『IntrameriT』と『Contract Eyes』を合わせた全体的な活用方法に関して知りたい、『Contract Eyes』の詳細な内容や価格感が知りたいといったご要望もありました。
 講演内容については、柴田様のご講演では、タイムスタンプの利用方法だけでなく、歴史の説明があり、よく理解できたとの感想をいただきました。
また、講演の最後のQAでは、タイムスタンプがなかなか企業に浸透しない理由はなぜなのか?といったご質問をいただき、その場で講師の柴田様にご回答いただきました。柴田様、ありがとうございました。

 今後、都築電気では、これらのお客様の声にお応えできるよう、ソリューションの提供および情報の発信に尽力いたします。

  • ギャラリー
  • 導入事例
  • KitFit
  • IntrameriT
  • ツヅキ WebShop
  • 電子BOOK E-BOOK
  • 問題解決Portal
  • 動画ライブラリ
  • ダウンロード
  • お問い合わせ・資料請求

    カタログ・資料請求、製品へのお問い合わせはこちらからご相談も承っております。

    お問い合わせ・資料請求